土地取得前に地盤を調べたい場合は

わたしのように土地ありきで、その上に住宅を建てるしか選択がない場合は別ですが、これから土地を探そうとお考えの方にとってその土壌が住宅建築に適しているかを調査する方法があります。

一般的に「ボーリング(貫入試験)」と「スウェーデン式サウンディング試験」と「レイリー波(表面波)試験」と呼ばれる3つの調査方法があります。

一般住宅向けでお勧めとされているのはレイリー波試験のようです。信頼性・試験土質の範囲・試験の簡便さ・試験費用とも概ね高い評価を得ているようです。数十年前より行われているのがスウェーデン式サウンディンク試験と言われるもので、費用・試験の簡便さでは断トツのお勧め度ですが、レイリー波試験と比べてやや結果の信頼性に劣るらしいです。

最後にボーリングですが、これば大きな建築建造物向けの調査といってもいいでしょう。決して手軽にできる調査ではありませんし、費用も膨大です。ただ結果の信頼度と試験土質の範囲はもっとも高評価を得られます。(私は実際に家を建てるときに業者の勧めでボーリング調査を行いました。費用のことは・・・その時正直あまり気にしていませんでした。しかし、わたしにとって地盤を信頼できるかどうかの調査は要ですので、後悔はしていませんよ。何せ大分の盆地にある畑が建築場所でしたので、土壌の硬い層がどのあたりにあるのかが最大のポイントでしたので)

このような調査は、事前にすることで安心を得られますよね。もし不動産やさんを介して土地を取得される予定なら、地盤調査をしているか尋ねてみるといいかもしれません。もししていないようなら、先に述べましたように自分でできる簡単な地盤調査をしてみてもいいと思います。地盤調査が完了しているのであればその結果を不動産やさんに開示してもらうと自ら費用を捻出しなくても済みますよ。

万が一(土壌改良などを行わずに)軟弱な地盤に家を建ててしまうと、建物の基礎が不ぞろいに沈下する“不同沈下”がおこり、壁や塀のひび割れや家が傾いたり、または地震の時に大きな被害を受けることになってしまいます。

そうならないために、やはりまずは基礎から。基礎は地盤から。

ぱっと見ではわからない部分に費用を費やすことは決して無駄ではなく、安心を手に入れるために必要なことだと思います。

Comments are closed.

This entry was posted on 月曜日, 4月 2nd, 2012 at 8:32 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.