シューズクローク

Read full article | コメントは受け付けていません。

今や玄関横にシューズクロークの存在は欠かせません。このシューズクロークのおかげで玄関に物や靴が散らかるのを防ぐことができるのです。最近では玄関スペースよりもこのシューズクロークを充実させる家庭が増えてきています。シューズクロークを充実させることで、玄関スペースが例え狭くても靴箱や物が散らからないことで圧迫感を感じることなく、快適でスッキリとした玄関となるのです。

玄関に収納力のない靴箱があっても意味がありません。靴が散らかり住宅の第一印象も悪くなってしまいます。それを払拭するためにシューズクロークには天井にまで広がる可動オープン棚で家族の靴を大容量に収納します。どこにどの靴があるか一目で分かることで靴の出し入れもしやすくなり、玄関に靴が散らかるという状況を避けられます。

そして玄関には子どもの外用のおもちゃや三輪車、ベビーカーにスポーツ用品などが散らかりがちです。これらが玄関部分やポーチ部分に置きっぱなしになっていると狭くてごちゃごちゃした印象の玄関となっていまいます。シューズクロークと言っても靴や傘を収納しておけるだけでなく、外で使用するそれらのものまでもしっかり収納できる土間収納スペースも設けておきましょう。そうすれば外で汚れたままの状態でもサッと物を片付けられ便利な玄関収納となります。

そしてそのシューズクロークから室内へ出入りできるように動線を確保しておくことでより便利で使いやすい玄関収納となるのです。物や靴を片付けてそのままスムーズに室内へ入れるので玄関に戻り、室内へ入るという無駄な動きを省けます。収納力と動線に注目してシューズクロークを設けるといいと思います。

間取り

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りを進める際、まず最初に行うのが間取りを決めることです。この間取りによってその住宅での暮らしが快適がどうかが大きく左右すると言っても過言ではありません。間取りを決める際には動線を大事にしましょう。よく行き来をする場所は回遊型を取り入れるのもいいと思います。

私の親戚宅は洗面室を回遊型にしています。洗面室は家族の使用頻度が非常に高い空間です。また洗濯機を設置することから家事を行う上でも重要な空間なのです。生活動線と家事動線の両面にきちんと配慮しておくべき空間を回遊型にすることで、便利で使いやすい空間となるのです。帰宅してまず手洗いを行います。また外でたくさん遊んで帰ってくる子どもは泥だらけということもあるでしょう。玄関からすぐに洗面室があると便利ですし、家を汚す心配もありません。玄関側からサッと入れるように洗面室の扉を設けるのです。

家事動線を考える上でキッチンと洗面室の動線も大事です。キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行うことも多々あります。頻回に行き来するので、キッチン側にも洗面室へ行き来ができるように扉が設けられているのです。このようにしておくことで、わざわざリビングを通り、廊下に出て洗面室へ行くという長い動線を避けられるのです。これは生活動線と家事動線の両面をしっかりと考えておりいい間取りだなと思いました。

私の友人宅は家事動線を横一直線で繋いでいました。洗面室・キッチン・ダイニングを横一直線で繋いだことで家事の効率が高まり、家事の時短が実現できているのです。このように間取りによって暮らしが変わってくるので、しっかり動線に配慮して間取りを決めましょう。

アウトドアリビング

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家はリビングに面してウッドデッキを設けました。広さのあるウッドデッキには奥行も持たせました。横幅と奥行があることでウッドデッキを多目的に使用することができるのです。住宅は室内の快適性や楽しみ方を追求してもダメなのです。屋外にも目を向けることで家で過ごす時間をより楽しく、贅沢な時間を過ごせるようになるのです。

我が家はこのウッドデッキをリビングの延長として利用しています。大開口の窓を開ければ、室内に広さや開放感をプラスしてくれます。ウッドデッキは室内の床の高さに合わせてもらい、段差をなくしたのです。段差をなくすことで行き来がしやすくなり、小さい子どもから足腰の弱った高齢者まで安心して行き来が行えるようになるのです。また行き来のしやすさはいつまでもウッドデッキスペースを大事にすることにも繋がるのです。

天気のいい日にはそこにテーブルやイスを置き、食事をしたりお茶を楽しんでいます。庭でバーベキューをした際にも、ここでゆっくりと食事を楽しむことができます。我が家はこのウッドデッキに上には同じサイズの二階のバルコニーが設けられています。このバルコニーがウッドデッキの屋根代わりにもなり、強い日差しや急な雨にも対応できるのです。リビングの延長として、また庭で過ごす延長として暮らしを豊かにしてくれるスペースとなっています。

またここには洗濯物干し場を設けました。普段はここに洗濯物を干します。洗面室からの動線は短いですし、またリビングで遊ぶ子どもの様子を確認しながら洗濯物を干せるので、安心して家事を行えています。庭でバーベキューをする際や、来客時には二階のバルコニーを利用して洗濯物を干せるようにしています。アウトドアリビングを楽しめる家にしたことで住宅への満足度を非常に高めることができました。

自然素材の家

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家の新築住宅は素材にこだわりました。直接肌が触れる床は無垢材の床にしました。合板のフローリングだと夏はペタっと張り付いたような感触で、冬は冷たく裸足で歩くことはできません。しかし無垢材の床は夏はサラサラした肌触りで、冬はヒヤッとした感触もなくほのかに温かみを感じられるので裸足で歩きたくなるほどです。そして小さい子どものいる我が家では床のキズが気になっていました。しかし子どもがおもちゃを床に落としても、小さいキズであれば水を垂らして一晩おいておけば朝には修復されているのです。

また室内を快適な環境にするために、クロスではなく漆喰壁にしました。漆喰は調湿効果に優れています。梅雨時期などジメジメした日でも、一歩家に入るとカラッと過ごしやすい空間となるのです。室内の水分が多いと吸収してくれ、逆に水分が少ないと放出してくれるので一年を通して室内を快適に導いてくれるのです。またこの漆喰は、室内の嫌なニオイを吸着してくれます。嫌なニオイだけでなく、人体に悪影響を及ぼすと言われているホルムアルデヒドを吸着してくれる効果もあるのです。

家族の健康をしっかり維持できる家になりました。家造りは人生最大の買い物となります。高額な買い物だけに失敗や後悔をしたくないと誰もが感じます。そのためには家族が健康で暮らせ、住まいの快適性を高められる家にしたいものです。それには使用する建材に注目した家造りがいいのではないでしょうか。我が家は無垢材の床に漆喰で快適で居心地のいい家を実感しています。

最高の土地を得るには

Read full article | コメントは受け付けていません。

住宅を建てる上で大変重要になってくる土地。この土地選びを失敗するとその後の快適な暮らしが遠のいてしまいます。土地選びは慎重に且つ決断力を持って選びたいものです。

まず土地に求める条件の優先順位を明確にしておくことが大事です。人によって土地に求める条件は変わってきます。勤務地に近い場所がいい、学校から近い場所がいい、日々の暮らしに欠かせないスーパーや銀行が近くに合った方がいい、病院の近くがいいなど人によって求める条件は違います。全ての条件を満たす土地はなかなか見つからないでしょう。見つかったとしても予算をはるかにオーバーしていたりするものです。優先順位を決めることである程度の地域が絞られてきます。地域が絞られることでその地域の土地の相場というものも見えてきます。自分達だけでは土地を見つけ出すのは難しいものです。不動産屋さんにこまめに通い土地の情報をより多く得ましょう。専門的なアドバイスもしてもらえ土地選びもスムーズにしやすくなります。自分が理想とする家を建てられる土地の広さかどうか、その土地の価格が予算内か、立地条件がマッチしているかなどを慎重に見極めるといいでしょう。

気に入った土地が見つかれば、幾度が土地の下見に行きましょう。一回下見しただけでは得れる情報は限られてしまいます。曜日や時間を変えて数回下見をすると色々な状況が見えてくると思います。大きな買い物だけに決断に迷いが生じるものです。ある程度気に入った土地が見つかれば決断力を持って購入を決意することも大事なことだと思います。

隠す収納を充実させたキッチン

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家の新築住宅のキッチンは天井にまで広がる収納力のあるカップボードを造り付けしてもらいました。引き戸三面にも広がるカップボードはパントリーしても活用させようと思っています。またキッチンで使用するアイテムは、普段使いする物が多く生活感を感じやすいものが多いです。
生活感を感じないキッチンに仕上げたいと考えた私は、キッチンを使わない時はそれらを全て隠せるようにしました。キッチンが閉鎖的な空間にならないようにすりガラスの引き戸にしました。中にしまっている物は見えにくいですし、しっかりと明かるさを確保できるのでスッキリとしたキッチンに仕上げられるのです。

まず一面には食器を収納します。そして二面には炊飯器や電子レンジなどの家電を収納します。フードプロセッサーやミキサー、たこ焼き器やホットプレートなど使用頻度が低いものは、高い部分に収納しておきます。
そして下部にはゴミ箱を収納します。キッチンで出るゴミは分別が必要で、ゴミ箱の数も多いです。これらのゴミ箱がキッチンスペースを占領すると、見た目にも良くありませんし、家事の効率も下げてしまいます。ゴミ箱もこのカップボード内に収めることでキッチン内をスッキリとさせることができるのです。

そして三面はパントリーとして乾物やレトルト食品、お菓子やジューズなどのストック品を収納しておきます。キッチンを振り返ると、キッチンで必要な物は全て揃っているので家事効率を高めることにも繋がります。キッチンは女の城とも言われます。キッチンにいる時間をより快適に過ごせるようには、きちんと物を収納でき、生活感を感じないようにしておくといいと思います。

計画と実際の収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

住まいの中で、子ども部屋というのが一番変わっていく空間かもしれません。住まいを新築した時点で、子どもたちが幼かったり、生まれていなかったりすると、子ども部屋はまだ必要ないかもしれません。あるいは、物置になっているかもしれません。
しかし、これが、小学生、中学生、高校生と年齢を重ねていくと、子ども部屋は寝室になり、勉強部屋になり、自分たちのリビングルームになっていきます。兄弟姉妹の年齢や性別によっても考えなくてはいけません。

私の友人が住まいを新築した時、3才と1才の娘がいました。まだ、1人で寝ることができなかったので、夫婦の寝室で親子4人が寝ていました。もちろん遊ぶのも1階のLDKですから、ひとまず、子ども部屋は10畳程度のワンルームにしておきました。
収納は、廊下側の壁を利用して、天井までの壁面収納を作りつけてもらいました。将来、この部屋で2人がどのように過ごしていくか、想像のつかない部分もありましたので、大容量の収納だけを確保しておいたという形でした。

しかし、実際には、天井までの壁面収納は、必要ありませんでした。手の届かないくらい高い位置に収納を設けても、結局、モノの出し入れには脚立が必要ですし、不便で、ほとんど使うことはありませんでした。部屋の中がすっきり片付くようにと、天井までの壁面の収納がいっぱいになるほど、収納するものはありません。
将来のことを考えて、いつでも、変化していくことができるように、ボックス家具などを利用して、間仕切りにも利用できるような収納を考えていけばよかったと思っています。
間仕切り壁を設置して、完全にそれぞれを独立させるのでなく、姉妹がそれぞれの気配を感じ、遊んだり、話したりできるように考えていけばよかったと思いました。

洗面室の収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

洗面室は1坪が標準と言われています。
洗面室は入浴前後はもちろん、手洗いや歯磨き、ヘアセットなど家族みんなが使用します。
また家事を行う場でもあります。使用頻度は高く広さに限りのある空間なので収納力が求められるのです。
まず洗面化粧台の収納力が重要です。

三面鏡の奥には歯ブラシなど生活感の出やすい小物を隠して収納するのが主流になってきています。
また中に電気コンセントが設けられているので鏡の奥に収納している状態で髭剃りなど充電しておくこともできるのです。
また洗面ボウルの下の収納も開き戸タイプから引き出し収納が増えてきました。
引き出し収納にすることで奥に収納している物まで目が届き、出し入れのしやすさを感じることができます。
この洗面化粧台を選ぶ際には収納力を見極めて選ぶといいでしょう。

洗面化粧台と洗濯機を隣に設ける人が多いと思います。
この洗面化粧台と洗濯機の間の隙間を無駄なスペースとするのではなく収納スペースとして活用させるといいと思います。
十分な量のタオルを収納することができますし、洗濯関連用品を収納するスペースとすることもできます。
洗濯機の上のスペースや洗面化粧台の上部の空間にも着目してみてください。
上部にキャビネットを設け収納スペースを充実させるのも大変有効だと思います。
高い位置の収納は出し入れのしにくさが気になります。
目線の高さまで降りてくるダウン機能付きのキャビネットなどにすると使い勝手のいい収納スペースとすることができます。洗面室は収納力が重要なのです。

ロフト

Read full article | コメントは受け付けていません。

住宅の不満の大部分を占めるのは収納と言われています。
住宅を満足度の高いものにしたいのであれば収納スペースを充実させることが第一なのです。そこで我が家の家造りのテーマは無駄なスペースを極力生まず、収納スペースをしっかりと確保するということです。
一か所に広々とした収納スペースがあっても使い勝手はよくありません。
それぞれの空間で適材適所に必要な物がきちんとしまえて、出し入れのしやすい収納スペースが求められるのです。
各空間に収納スペースはもちろん設置しますが、我が家の収納のポイントは子ども部屋に設けるロフトです。屋根裏というデッドスペースを有効活用させ収納スペースとするのです。

我が家の子どもはまだ小さいです。
子どもが成長するにつれ物も増えていきます。製作品やスポーツ用品など捨てられない物も増えてくるでしょう。その時それらをきちんと収納できるスペースがあると便利です。
また子ども部屋は5畳ほどの広さです。
子ども部屋は広々と居心地の空間にすると、部屋にこもりあまり良くないと聞きました。
5畳ほどの広さしかないので物が散らかると居心地を一気に悪くしてしまいます。

そのことも踏まえてロフトを設けるのです。
子どもが小さい間は秘密基地のようなこの空間を遊ぶスペースとして活用するのもいいでしょう。物が増えていき整理するにもこのロフトが重宝することでしょう。
またロフトを設けることで子ども部屋は勾配天井になります。
5畳ほどの広さしかないのですが勾配天井なので圧迫感を感じず、広さに不満を抱えない工夫もきちんと考えたのです。

住宅の中に生まれるデッドスペースを有効活用させましょう。

ウッドデッキ

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家のマイホームにはリビングの先にウッドデッキを設ける予定です。
リビングの延長線上にウッドデッキを設けることで室内をより開放的な空間にすることができますし、室内でもない室外でもない特別な空間でそこでしか味わえない楽しみ方を得ることができます。

ウッドデッキにテーブルやイスを置き、天気のいい日には家族や友人と食事やお茶を楽しむこともできます。子どもやペットの遊ぶ場所としても最適です。
新築住宅や住宅のリフォーム時にウッドデッキを設ける家庭は多いです。

このウッドデッキの素材に注目する必要があると思います。
天然木材と、木材と樹脂を合成した人工的なものです。
天然木材は木の風合いを感じると同時木の温もりが癒しの効果を得ることができます。
しかしこの天然木材を取り入れる場合には強度と耐久性があるものを選ぶ必要があります。
ウッドデッキは雨や風にさらされます。そのため劣化や腐食への対策が必要なのです。
腐食を防止するために防腐剤を注入したり、耐水性に優れた木材を取り入れることが大事です。

人工のウッドデッキは天然木材に引けをとらないリアルな気質感を出したものが多いです。一番の魅力は腐食や色あせが起こりにくく、またシロアリなどにも強いということです。天然木材に比べお手入れが非常に楽です。
しかし夏場は表面温度が高くなり素足では歩けないということも聞きます。
しかし最近では表面温度が上がらないような工夫がされたタイプもあるのでこのようなものを取り入れることで人工ウッドデッキへの不満も払拭できるでしょう。

素材が持つ特徴をしっかり確認し天然素材にするのか人工のものを取り入れるのかを決めた方がいいのです。