財布を整理しよう

財布の収納は、どこに何を入れるのか定位置を決め、中身をすぐに取りしやすくすることで使い勝手がよくなります。カードや金券は、金融系カード、健康系カード、サービス券などとジャンルで分け、財布の中をゾーン分けして、どのグループのカードを、どのゾーンに入れるかを決めます。一番取り出しやすいゾーンに入れるのは、金融系カードが良いでしょう。それぞれのゾーンの1番取り出しやすいポケットには、1番使う頻度の高い物を入れます。例えば、良く行くお店のポイントカードは、そのお店のポイントカードを一番手前に入れると、毎日の買い物が楽になります。

サービス券や金券、回数券などは、他のカードに比べて財布の中で紛れてしまいがちで、いつの間にか使用期限が切れている事もあります。サービス券や金券の収納には、専用の小さい袋を用意して入れておき、居場所を作って、次に使うまでの間や家に持ちかえるまでの間の紛失を防ぎます。100円ショップなどでも売っている、カードサイズのクリアポケットやクリアファイルを横半分に切り、間に挟んで財布に入れます。クリアタイプなので中身が見え、使い忘れも防げて、バラバラに散らばることがありません。

カードポケットには入れにくいレシートは、無造作に札入れにいれて、レシートとお札が混ざって入っていると、お札を取り出しにくく、お札を出すときに必要なレシートを落としてしまうかもしれません。レシートにも居場所を作りましょう。札入れに仕切りがある場合は、必ずレシートとお札を分けて収納しますが、仕切りが無かったら、薄手のクリアファイルをお財布の大きさに合わせて切って入れ、お札とレシートを仕切ります。

Comments are closed.

This entry was posted on 木曜日, 10月 25th, 2018 at 2:54 PM and is filed under その他もろもろ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.