アウトドアリビング

我が家はリビングに面してウッドデッキを設けました。広さのあるウッドデッキには奥行も持たせました。横幅と奥行があることでウッドデッキを多目的に使用することができるのです。住宅は室内の快適性や楽しみ方を追求してもダメなのです。屋外にも目を向けることで家で過ごす時間をより楽しく、贅沢な時間を過ごせるようになるのです。

我が家はこのウッドデッキをリビングの延長として利用しています。大開口の窓を開ければ、室内に広さや開放感をプラスしてくれます。ウッドデッキは室内の床の高さに合わせてもらい、段差をなくしたのです。段差をなくすことで行き来がしやすくなり、小さい子どもから足腰の弱った高齢者まで安心して行き来が行えるようになるのです。また行き来のしやすさはいつまでもウッドデッキスペースを大事にすることにも繋がるのです。

天気のいい日にはそこにテーブルやイスを置き、食事をしたりお茶を楽しんでいます。庭でバーベキューをした際にも、ここでゆっくりと食事を楽しむことができます。我が家はこのウッドデッキに上には同じサイズの二階のバルコニーが設けられています。このバルコニーがウッドデッキの屋根代わりにもなり、強い日差しや急な雨にも対応できるのです。リビングの延長として、また庭で過ごす延長として暮らしを豊かにしてくれるスペースとなっています。

またここには洗濯物干し場を設けました。普段はここに洗濯物を干します。洗面室からの動線は短いですし、またリビングで遊ぶ子どもの様子を確認しながら洗濯物を干せるので、安心して家事を行えています。庭でバーベキューをする際や、来客時には二階のバルコニーを利用して洗濯物を干せるようにしています。アウトドアリビングを楽しめる家にしたことで住宅への満足度を非常に高めることができました。

Comments are closed.

This entry was posted on 火曜日, 10月 20th, 2015 at 2:39 PM and is filed under その他もろもろ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.