立地条件

  私達は住宅を選ぶ際、立地条件を気にします。

では、良い立地条件とは果たして何なのでしょうか。第一に交通便の良さではないでしょうか。通勤・通学はほぼ毎日のことです。駅やバス停の位置、便数はとても重要になってきます。次に、生活利便施設が揃っているかということだと思います。

買い物ができ、楽しむことのできる商業施設・病院・銀行・郵便局・役所など生活に欠かせない施設が遠ければ、そこで生活したいとなかなか思えないものです。

そして、特に女性であれば治安の良さも大事でしょう。痴漢や変質者が多く出没するような所や、物騒な所には住みたくありません。また、小さい子どもがいる家庭であれば、近くに公園や保育園・幼稚園があるとより楽しくまた生活しやすいでしょう。

駅に近く買い物にも便利で、近くには緑豊かな公園が広がっていて、最高の立地条件を見つけ出したと思っていても、中心地からは遠いという欠点があったりするものです。

逆に、このような条件ばかりにとらわれ見つけた物件でも、家賃が高すぎたり、部屋数が少なすぎたりという問題も発生します。

また他に、事業主が求める立地条件はどのようなものなのでしょうか。業種によって異なってきますが、対象とする顧客の数・その人たちの動線だと思います。そして、行きやすさ、近寄りやすい所かということです。よって、立地条件とは自分のライフスタイルに合わせ、生活する上での優先順位を確立させ、その条件を満たしていることが、その人にとっての良い立地条件となるのだと思います。

Comments are closed.

This entry was posted on 土曜日, 12月 22nd, 2012 at 10:09 AM and is filed under その他もろもろ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.